FC2ブログ

激走!武道館!後編

はい、ついに多摩川までやってまいりました。

夕陽がとても綺麗です。
どのくらい綺麗かと言うと、それは前回のヘタレパパブログをご覧下さい。

自転車乗りにとって多摩川と言えばタマサイ(多摩川サイクリングロード)ですね。

うおぉ~タマサイ走りてぇ~!という気持ちをグッと堪えて東京都に入ります。

しばらく走ると遂に桜田門の文字が見えて来ました。


あともう少しだ!

東京の道はもっと渋滞しててわかりづらいのかと思っていたのですが意外と路側帯も広く走りやすかったです。

おぉ、ライトアップされた東京タワーがとても綺麗です。


途中で『MORI』って書いてあるビルがあったのですが、あれが有名な森ビルなんだろうか。

そして遂に桜田門に到着!
夜だったので桜田門の写真は真っ暗でした。^^;

後は皇居を半周するだけ!

さすがランニングの聖地。
何かの大会?ってくらいの人数のランナーが走っていました。
徐行しつつ皇居ランナー達と一緒に気分はパレードランですw

皇居外苑から内堀通りを反時計回りに周ります。

何か見えた!あれはもしや!


武道館に近づくにつれて周囲にある異変が…
何か若いおねーちゃん達がゾロゾロ歩いてるじゃないですか。

うぉっ、ジャニヲタか、これ全部ジャニヲタなのか…これ全部武道館に行くのか…

チャリの汗だくおっさんはサイクルジャージにもっこりレーパン。
やばい、完全にアウェーな感じwww

靖国通りも募金の行列。

これはもしや、ここまで来て武道館の前までも行けないのか。

そんな最悪の事態が頭をよぎり始めた時、武道館前に行く門が現れました。

端には募金の列。

門の係員に「すみません、自転車大丈夫ですか?」と聞くと「あ、通り抜けなら大丈夫ですよ」との事だったのでとりあえず自転車を押して歩く。

すると、ついに来ました!武道館!


ゼロも記念撮影w


昨日の雨でちょっと汚れてたから逆光でちょっとボカシw
おいらにはゼロに後光が差して見えますw

よし!目的は達成した!
めちゃめちゃ達成感だけどまだ半分なんですよね。^^;

おいらの1日の最長走行距離は70km。
武道館まで60kmだから、これからあと10kmで未体験ゾーンに入ってきます。
しかも初めて自転車で走る土地、交通量が多い大都会TOKYO。
油断は禁物です。

さて帰路のスタートです。
またランナーと皇居を反時計回りに走り出します。

すると何か見たことある建物が。

何か大きい声が聞こえる!
どうやら何かデモってるようでした。

とりあえず桜田門を右折。
またイチコクへ入ります。
来た道と同じ道ですね。
筋金入りの方向音痴なおいらに別ルートを選択する余裕はありませんでした。^^;

そういえば60kmの休憩してない事を思い出したさえとさん。

走り出してすぐにコンビニイン。
あれ?ゴミ箱も灰皿もない!
大都会TOKYO恐ろしや。

ドリンク補給もそこそこに帰路へ漕ぎ出します。

すっかり夜も更けてきて交通量も少なくなってきていました。
汗はかきますが夜風が心地いい。
うむ作戦通りだ。

それにしても、ブログとか見てると東京とか横浜の人はわざわざ三浦半島に走りに来るくらいなのに何で初めての100kmに東京選んだかな…^^;

この時間帯になると交通量が少なくなるのはいいのですが追い越して行く車のスピードが上がって行きます。

必死に漕いでフラついたり、路駐車のパス、路面のギャップを避けるのは後方に細心の注意が必要です。

それにしても道路工事のアスファルトの段差。あれ、どうにかならないもんですかねぇ。
日本の道路舗装技術なら真っ平らにする事もできるでしょうに。
時には幼稚園児の粘土細工かい!ってくらいデコボコな所がありました。
単車にしても自転車にしても死活問題なのでどうにかして欲しいものです。

さて帰路も順調に漕ぎ進めるさえとさん。

はい、またまたたまがわ。

多摩川まで来たということは…

神奈川県突入です!


多摩川から見える神奈川県側の夜景。


往路はいろんな人と一緒に走りましたが、復路は一人旅。

往路で緊張しながら走ったせいか、未体験距離に入ったせいか、脚にも疲労を感じ始めました。

しかしまだ回る!

ここからは自分との勝負です。

20km毎のコンビニ休憩。
ここでローディーさんにはお馴染みのアレを投入する事にしました。
僕の顔をお食べ。的な薄皮あんぱん!
よぉぉぉ~し!血糖値上がってきたぞぉ~!

ガシガシ漕ぎ進むと見えて参りました。

む、あの観覧車はコスモクロックでは…


ランドマークタワーも見えました。


今まで見知らぬ道を走ってた緊張から解放されたのか、サイコンの100kmの表示を見た為か、横須賀に近づくにつれて脚の疲労感が増していき、それが上半身へと広がって行きます。
他地域の人が『三浦半島はアップダウンが多い』と言うのがこの時初めて身を持って体験しました。
首が重くなり気がつくと下を向いてしまっている事が出てきました。
その度にハッと前を向くようにしたのですが、明らかに疲労の色が見えます。

そして、自宅まで数百メートルまで来て後ろに高校生から大学生くらいの男の子が二人後ろに着いている事に気がつきます。

えええぇぇぇぇ!
ここに来てかい!!!

申し訳ないがもうすぐ自宅だしペースメーカーをやってあげられないのよね。

下り基調にアウターで一気に引き離す。
文字通りラストスパートです。

そんなこんなで初めての100km超え大冒険。



サイコン表示は124.5kmでした。

走行距離124.5km
8/16からの累積距離364km

↓頑張った!お前よく頑張ったよ!って思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



激走!武道館!前編

そんなこんなで嫁っちの一言から勢いで武道館を目指す事になったヘタレパパのさえとです。

ルート選定としてはR16からイチコクを北上するルートを選択。

↓ルートラボ
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=d013eb27036148c075d4d91ca03353db

一張羅のサイクルジャージとレーパンを身に纏ったヘタレパパのさえとさん。

発進シークエンスを終えいざ発進です。

「さえと、TCR0、いきます!」

勢いで決めたとはいえ、初の100kmライドです。

今回は20km毎にコンビニ休憩を取る作戦にしました。

順調にR16を北上するさえとさん。
前回走った時と違い今回はロードバイクです。


能見台辺りでサクソのジャージを着たローディーさんに追い抜かれる。

磯子辺りまでサクソのおじさんが先行。

30km/h巡行くらいで走ってたのかなぁ。

信号でやっと追いつける距離。

信号待ちの時に気がついたのですが、サクソのおじさんの足元!

光輝くエースの証、デュラララララエースのホイールではないですか。

ほへぇ、ドノーマルのゼロに乗ってるおいらからしたら、もうそれだけで速そうなオーラが見えました。

さて、作戦通り最初の20kmでコンビニ休憩です。

コンビニインして店員さんに「御手洗いお借りしてもいいですか?」と聞いたところ女性店員さんが「あ、トイレ今汚れてるのでお待ちいただいてもよろしいですか?」との事でした。

あんまり切迫した状況でもないので「あぁ、構わないですよ」としばし店内を散策。

程なくして掃除が終わり、さっきの女性店員に掃除が終わった事を告げられトイレに入る。

出てくると「お時間取らせて申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉が…。

いや、トイレくらいでそんなかしこまられても恐縮です。^^;

さて、最初の休憩もそこそこに再び走り出します。

これからは横浜市街エリアです。

方向音痴のさえとさん。
案の定ここで少し迷いますw

多少ウロウロして見たことがある道に出ました。

あれ?これY'sロードに来た時の道だw

お、イチコクが見えて来ました。


イチコクに入ってから程なくして後ろに気配が。
振り返るとローディーさんがピッタリ着いて来てるじゃないですか。

えええええぇぇぇぇ!

ロードバイク乗り始めて1週間の初心者の後ろに着くかな。^^;

バンバン追い抜かれる事はあっても後ろにピッタリ着かれるのは始めての経験です。

これはあれか、風除けとかペースメーカーとかを期待してるのか?
…と勝手に解釈して、とりあえずできるだけ速いペースを維持する事を心がけて走りました。

そこで気がついたのですが、どうやらおいらの平坦での最も速い巡行速度は25km/hくらいみたいです。
これ以上速くなるとしばらくして失速しました。

とりあえず25km/hで走ろう。
緊張しながらひたすらペダルを回すさえとさん。
気がつくと後ろには誰もいませんでしたw

すると、また後ろに気配が。
おぉう…またか…
後ろには若そうなあんちゃんがピッタリ着いていました。

しゃーない、頑張って漕ぐか。
またまた25km/h巡行で緊張ライドです。

すると、鶴見川のちょっとした登り坂で右側に手を挙げておいらをパスして行く人影が。

あれ?白ヒゲのおじさんだ!

あのあんちゃんいつのまにいなくなったんだ?^^;

始めての100kmライドで余力を残したのんびりポタのはずだったのが、いつのまにか緊張の限界ギリギリ巡行の旅になってしまいました。

そんなこんなの川崎ライド。
コンビニで外国人ローディーさんが休憩してます。
外国人さんのサイクルジャージにレーパン姿はやっぱカッコイイなぁ。とか思いながら走っていると、今度はいつのまにかその外国人ローディーさんが後ろに!

しかしその外国人ローディーさんはあっさりおいらをパスして行きました。

外国人ローディーさんの足元にもありましたよ。
光輝くエースの証、デュラララララエース!
うわぁ、やっぱり速い。
30km/hオーバーであっさり見えなくなりました。


多摩川!これを越えたら東京都です。


多摩川の夕陽です。
綺麗だなぁ。


いよいよ東京都に入りました!

後編に続く!

↓もう少しだ!がんばれ!って思った人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

ぶ…武道館…だと?…

毎年この時期になると黄色いTシャツを着た人達が武道館で募金活動の一大イベントをやってますね。


数年前、おいらは夜中にその番組のドラマを見ていました。
何事にも影響されやすいタイプのおいら。
深夜時間帯で武道館の中に入れないにも関わらず、そのドラマを見終わったと同時に募金箱握りしめてフルフェイスのヘルメットの中で号泣しながら単車でイチコクを爆走。
武道館へ向かっていました。

特にボランティア精神というわけではないのですが、感動したドラマに対してのお礼というか何というか。



さて、そんな過去のエピソードがありつつ今年もこの時期がやってまいりました。
そういえばそんな事もあったねーなんて嫁っちとその手の番組のドラマを見ながら半分皮肉込みの嫁っちの一撃。

嫁っち「自転車で武道館行ってくれば?」

おいら「ガタッ!…」

振りなのか!これは振りなのか?!何だこの無茶振り!

そんな事言われたら行くしかないじゃないですかー!www

武道館まで何kmあるんだ?w
そういえば何年か前にエドはるみが夜にうちの近所を走ってたから、もしかして武道館まで100kmくらいあるのかな?
と思ってルートラボで調べたら片道60kmくらいでした。
往復120kmか…。

今年はTOKIOの城島君がマラソン走ってるらしいけど、おいらは横須賀から1人自転車で武道館?

武道館までおいらの今の体力で何時間かかるんだろう?



次回!激走!武道館へ!

乞うご期待!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

新たな目標

はい、自転車のメンテ本読みながらリビングで寝落ちしてAM3:30とかに目が覚めました^^;

おはようございます。
ヘタレパパのさえとです。

さて、ロードバイクが納車して今週末で1週間が経とうとしています。

ロードバイクに乗る前と乗り始めてからで何が変わったかと申しますと…1番大きい変化は距離に対しての感覚が変わってきたという事。

MTBルック車で通勤してた時はジテツウ片道16kmもちょっと頑張る距離、100kmはかなり頑張った目標距離に思えていたのですが、ロードに乗り換えた今は16kmが全然苦痛を感じない距離に。100km?週末ポタで頑張れば走れるんじゃね?的な感覚になってきました。

まぁ、実際まだ100km走った事ないんですけどねwww

先週のMTB50km+ロード20kmの計70kmで100kmイケる自信がついて来ました。

そこで長期的な目標というか妄想というか、体力と脚力がついたらいつか達成したい目標。

『200kmを完走できるようになる』

長距離走るならTCRよりDEFYだったんじゃね?と思われるかもしれませんが、あくまで長距離を走るのが最終的な目標ではなく、まずは長距離を走れる脚力(持久力)を身につけるのが目標であります。

速く走るベースとなる身体を作ろう。という感じです。

200kmといえばブルベの最短クラスです。
ブルベだとこの200kmを13.5h以内で完走するとか。

おいらは筋金入りの方向音痴で地図を見るのが苦手なのでブルベは無理かもしれませんが、逗子から伊豆半島の伊東辺りまでの往復200kmを走る大会があるみたいなので、いつかは同じコースを走ってみたいですね。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

雨…

朝、起きると雨音。

レインコンデションの走行をいろいろ調べた結果、走行後のメンテが非常にめんどくさいという事が判明。

フレーム内に水が入るとか、タイヤ内に水が溜まるというケースもあるみたいです。^^;

うーん、雨の辛さは何とかなるがメンテの知識と道具にまだ不安が残る状態でのレインライドは得策ではないなぁ。

うーん、みんなが雨の日に走らない理由がわかってきたぞ…。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

あんにゃろう

はい、おいらがロードバイクに乗ったあかつきに掲げていた目標。

それはR16の信号無視野郎をチギる事でした。

昨日のジテツウ帰り道。
決して少なくないR16の信号をオール無視という強敵と出会いました。

黒い上下ジャージ。
黒のクロスバイク。
デカいガタイ。
ヘルメットにテールライト。

信号が青になると同時に追いかける。
追いつくと赤信号でストップ。
マルタイは信号を無視して暴走。
信号が青になると追い上げて、追いつくと赤信号。

この繰り返しでした。

おいらの信号運の悪さか、一進一退の攻防が繰り広げられていたのですが変化があったのがやはり坂道でした。

仕事帰りで荷物を背負ってたとはいえ、自転車も体格もおいらの方が軽量。
その差は歴然でした。

振り返っても見えなくなるまでチギって山頂に辿り着いたまでは良かったのですが山頂から下り始めてすぐの信号でギリギリ赤信号に引っかかってしまったのです。
しかも、押しボタン式。Σ( ̄□ ̄|||)
赤→青までのフルタイム足止め。
なんという運の悪さ。

その間にスピードに乗った信号無視野郎はもちろん信号シカトでダウンヒル。

マルタイは次の交差点で反対車線の歩道を暴走しながら右折して行きました。

何が腹立つって信号オール無視もそうですが、特に腹立つのがヘルメットにテールライトまで装備してるのにあの危険走行です。

安全の為の装備は危険走行をするための物じゃない!

装備からして完全に車道を走る装備です。
それなのに歩道を25km/h以上で走る危険性を考えられないわけがありません。

いくらスピード出せてもただの最低な走りです。

こういう輩のせいで自転車のイメージが悪くなるは許せません。

















あのfat野郎、公道走ると迷惑かかるからFAT BIKEで誰もいない海岸でも走りやがれ。

















にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

ロードバイクの乗り方

ロードバイクを納車して始めてのジテツウ。

おいらのジテツウ経路は交通量が多いR16も走るので走行車に気をつけつつスピードも維持しないといけません。

とりあえず早くゼロに慣れようといろんな事を気にしつつジテツウ開始。

そして思ったのが、ロードバイクって繊細な乗物なんだなという事。

路面のギャップをダイレクトに乗り手に伝えたり、逆に乗り手のちょっとした動きを走りとして表現したり。

ハンドリングがフラフラしてたのはハンドルに体重をかけすぎていたんですね。

始めてのドロップハンドルという事と、今までとは違うスピード感、その為においらはハンドルに気を取られすぎていたようです。

漕ぎながら若干重心を起こしてみる。

「骨盤を立てるように」という意味がなんとなくわかった気がします。

今の状態のおいら的感覚から言うとハンドルは「握る」という意識ではなく「触る」くらいの意識でちょうどいいかもしれません。

ハンドルに無駄なチカラがかからなくなるとハンドサインを出してもブレなくなってきました。

しかし、問題はブレーキです。
やはり「キャリパーブレーキは止まりにくい」という先入観からか、ブレーキの時にまだ重心がハンドルにかかるようです。

ブレーキングがこれからの課題ですね。


あと、自転車屋のオヤジ(店長)から教えてもらった新必殺技『クロール走法』

これ、前に書いた坂道が楽しくなる必殺技(妄想)とは違い、実際に速くなる必殺技です。

ペダルを漕いでいて踏み込もうとする足のつま先を下に向けて踏むというよりは「かく」という走法です。
オヤジは「クロールする時の手をかくような動きで!」って言ってました。

これがですね、実際やってみると2点いい事がありました。

まず1つ目は無意識にケイデンスが上がる。(気がする)

おいらのサイコンにはケイデンスセンサーがないので実際ケイデンスが上がったかは未確認ですが、おいらの意識の中で『回しやすくなった!』と感じました。

2つ目は重ギヤを回せるようになった。

理屈はわかりませんが、平坦坂道問わず足にかかるトルク感が軽減された感覚になりいつもの平常時より1段か2段重ギヤが無理なく回せるようになりました。

ただこの必殺クロール走法。
足にかかるトルク感は軽減されたように感じますが今までに無かった筋肉疲労を感じるようになりました。
スネの筋肉とftmmの付け根の筋肉というか尻の筋肉というか…
おそらく、今まで普段使わなかった筋肉を使用しているのではないかと思われます。

という事で、この技はまだ常時出せる技ではありません。

スーパーサイヤ人がまだシュワシュワしてる状態とでもいいましょうか。
シュワシュワなしで怒りを抑えた金色のみの状態になるまではまだトレーニングが必要そうです。


本日の走行距離 33.45km
8/16からの累積距離 202km

↓まだまだ走り込みが足りないぜ!って思う人はポチッとお願いします。
調子に乗って走行距離が伸びる(かもしれない)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

疲れを癒す

朝起きると頭痛。
1日中ダルい。

昨日の寝る前に鎮痛消炎剤のスプレーを足に吹いて寝たおかげか、足の疲れは抜けてる。

足の疲ればかり気にしてて足から上の疲れを気にするの忘れてました。^^;

自分の身体と対話ができて1人前です。

まだまだ半人前だったという事ですね。

おいらのアンディやフランクは何も言いませんが、社会人としての自己管理ってやつですね。

と、いうことで明日のジテツウができなくなってしまっても困るので今日は走行距離0kmでお休みなさいです。

zzZZ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

納車キター!

はい、娘っちは相変わらず夏休みの宿題です。

嫁っちはお部屋のお掃除だそうです。

おいらは邪魔にならないように自転車でおでかけ。

行き先は境川サイクリングロードに決定。
前から行ってみたかったんですよね。


さて出発!

3km走ったところでボトルを家に忘れた事に気がつく。^^;

ペットボトルを買ってもよかったんだけど何故か家に戻る。

いきなり往復6kmのロス。(´・ω・`)

気を取り直して再出発。

葉山街道を走ってると何故か湘南国際村をアタックしてみようという気になる。

スタート地点にはロード乗りの人が6人くらい。

全員の出発を見届けてからサイコンセットしておいらも出発。

「広告の品3万円のチカラを舐めるなよ!」

とか思いながらヒーコラ登る。

やっぱり心肺が追いつかなく吐きそうになるくらいゼェゼェしながらも横須賀市の標識に到着。

あまりにもゼェゼェしててサイコンのストップウォッチを止めようとして勢い余って長押ししてしまいリセットしてしまう失態。

パッと見た感じ15分ジャストくらいだったと思います。^^;

でもって秋谷口から一色、森戸と通り渚橋から逗子海岸へ。

まだまだ海水浴客で賑わってますね。

材木座に来た辺りで入電。


ぬお!自転車屋さんの店長からだ!
ゼロが納車!

GIANT TCR0 (おいら的呼称:ゼロ)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

し…しかし、ここでかい!!!

この時点で時刻は11:30

とりあえず由比ヶ浜のローソンまで行ってドリンク補給とおにぎりを2個食べる。

コンビニ内や駐車場には水着のままの人がいっぱい。

【建前】海を見ながら食べるおにぎりは美味しいなぁ。

【本音】( ゚∀゚)o彡゚ オッパイ オッパイ


はい、でもってここから一度帰宅。

脳内ではSKE48チームK2の『お待たせセットリスト』ロードバイク納車替歌verがヘビロテw

気合の力走の結果、無事納車!

古尾谷雅人と江頭2:50を足して2で割ったような店長から乗り方の説明を受ける。

しかし、ここまてすでに湘南国際村アタックをしてきた上50km以上走っていたので説明があまり頭に入らずw

とりあえず家まで乗ってみる。

初ロードバイクの感想。

「お…重い…」(´・ω・`)

マジか!
ロードバイクって軽くて速いんじゃなかったのか!
ペダルが重い!
こんなんで湘南国際村アタック?
みんなサイボーグか!
やべぇ、こりゃちょっと自信ないぞ。^^;

とりあえず家に到着。
MTBルック車からサイコンやら前灯やらを取っ払ってゼロに取り付ける。

さすがに焦りを感じたので、慣れる為にさらに走りに行く。

MTBのごんぶとブロックタイヤに比べるとやっぱり路面のギャップがダイレクトに伝わる。(´・ω・`)

始めてのドロップハンドルでハンドリングがフラフラ。(´・ω・`)

しばらく乗ってある事に気がつく。

『あ、シフト逆だ!』Σ(゚д゚;)

なんと1番軽いギヤだと思ってたのは1番重いギヤだったのです。

なんてこった!

右手のシフトレバーの大きい方を入れてみる。

適性ギヤに入った瞬間、加速するゼロ。

「ぬぉあっ!」Σ( ̄□ ̄lll)!!

加速した瞬間、思わず声が出ましたw

適性ギヤに入った瞬間って単車で加速して腰から下が持ってかれる感覚にそっくりですね。

これだよこれ!

マジはぇぇ!

速度域というかスピード感が広告の品3万円とは全然違う!

ギヤの使い方がわかってくると走り出しも恐ろしくスムーズ。

これはイケる!

フラペだけどイケる!

ということで行ってきました。

本日2回目の湘南国際村アタックw

いやぁ、軽いぞ!
午前中に1回アタックして50km以上走った後だけど明らかに1回目より軽い!
しかし機材は良くなっても心肺は変わるわけもなく。
やはり足に疲れも感じる。

そういやあのオヤジ(店長)、つま先でクロールするように漕げって言ってたな。

そしてクロール漕ぎでガシガシ漕いでて思う。
なるほど、こりゃビンディングペダルが欲しくなるわな。

そしてまたもやゼェゼェしながらも本日2回目のゴール。
さてタイムは…

ちょっと見づらいけど13分58秒でした。

これだけ走った後で1分もタイムを縮められたのだからさすがロードバイクという事でしょうか。

しかしハンドリングがまだ慣れなくてオールシッティング。

ハンドサインで片手になるとフラつくのでハンドサイン出すのもまだ怖い状態です。

でもって秋谷口へダウンヒルしてきたのですが、そこでまた自転車屋の店長の言葉を思い出したのでした。

「ロードのブレーキはマウンテンのVブレーキより止まりにくいから、最初は缶でも立てて意図した位置に止まる練習をして下さい。」

それを思い出したのがバリバリ下ってる最中。

あー、何でこんな時に思い出したかな。(´・ω・`)

もうすでに脳内は…

ちょwwwやべぇwwwはえぇwwwとまんねwww

こんな状態。

あのオヤジ(店長)の言ってた通りだ。
毛髪が江頭のくせになかなかやるなぁ。とか意味不明な事に感心しつつ何とか下りきる。

秋谷口の信号に着いた時は心臓バクバクでしたw

そこからいろいろ確かめながら御用邸周りで帰宅。

いろいろ必死すぎてゼロの写真撮るの忘れてたw

あれ?そういえば境川CRどうした?www

今思えば、ボトル忘れて6kmもロスしてわざわざ取りに帰ったのも、ロード乗りがいっぱいいる中で突然予定に無かった湘南国際村アタックしたのも、ゼロに「今日納車だからあんまり遠くに行くなよ!」って呼ばれてたのかもしれませんね。

ちなみにおいらが買った店で今からTCR0を予約すると納車が12月だとか…^^;

今日からよろしく頼むぜ!相棒!


【追記】
あまりのドタバタ劇で忘れてましたがMTBルック車で50km、ロードで20kmの計70kmは今までの1日の走行距離で最長記録でした。
どうりで足が疲れてるわけだ。^^;

本日の走行距離 73.18km
8/16からの累積距離 168km

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

久里浜

雨止んだ!
晴れ間が見えてきた!

でも雨雲レーダー見ると第2波が来そうな気配。

うーん、ちょっとだけ行こうw

さっきの雷の話を聞いてすっかりビビったヘタレパパ。

よし、何か雷って山の方に落ちるイメージだから海岸線に行こう。(あくまで個人のイメージです)

ということで15kmくらいだけ走ってきました。

目的地は久里浜フェリー乗り場!

ペリー通りに入ったら、ちょうど船が出るところでした。


久里浜のペリー公園の記念碑…逆光…^^;


ペリー公園を過ぎるとフェリー乗り場の看板が見えます。


フェリー乗り場が見えた!と思ったら、これはフェイクですw


その奥にあるこっちが本物のフェリー乗り場。

ここから千葉に行けます。
東京湾一周200kmのブログの人はこの航路を利用していましたね。
おいらも単車で乗った事はあるのですが自転車ではまだ未経験。

ちょっと光が窓に反射して見づらいですが、こんなところでも海軍カレーやってました。
しかし、写真見るからにどうみてもレ○ルトに牛乳着いてきただけにしか見えない…(※あくまでPOPを見て感じた個人の感想です)



さて、この通りなんですがカインズホームがあります。

でもって、少しだけ海岸線を外れるとイオンもあります。

この2店にはサイクルショップが入っているので三浦半島一周ポタで機材トラブルがあった際に何かしらの助けになると思います。
まぁ、パンクくらいだったら修理キットや予備チューブを持っていると思いますが、何が起こるかわからないのが自転車。

何かあった時に対応できる店が近くにあると安心感も違います。


そんなこんなで雨雲レーダーと空を照らし合わせ空を見ながらの帰宅。

あぁ、サイコン付けて計測し始めてから累積100kmにあと5km足りなかった…^^;

また明日がんばろう!
明日は晴れるかなぁ?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村




プロフィール

saeton

Author:saeton
Twitterは@saeto_tcr0
インスタはsaeto7
愛車はGIANTのTCR0
39歳妻子持ち(娘は11歳)にして月々のお小遣い0円!
そんな中、仕事の出張日当をコツコツ貯めてお金がかかると言われるロードバイクに手を出し始めた無謀な工業系男子。
貧乏ながらも運動不足やメタボと戦いながら自転車を楽しんでいきたい年頃。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ