FC2ブログ

アイドルとおっさん

はい、宇都宮から帰ってまいりました。
どうも、あらふぉーアイドルオタクのさえとです。

8/29と30はトヨタスタジアムでSKE48 松井玲奈さんの卒業コンサートの日でございます。
豊田市の天気は大丈夫でしょうか。

前々から公言している通りSKE48のファンをやっておるのですが8月12日に松井玲奈さんがセンターのSKE48の18枚目のシングルが発売されたわけです。

タイトルは…
前のめり

※画像と曲は何の関係もありません


松井玲奈さんの卒業シングルなわけです。

タイトルは…
前のめり

※画像と曲は何の関係もありません(2回目)

アイドルはいいですね。
ニコニコしてる姿は見てて癒されるし、涙を流して青春を謳歌してる姿も感動します。

そんな若いアイドルに感化されてるキモヲタおっさんも自転車に乗れば冒険心を掻き立てられ青春時代に戻れるわけで、まったく自転車という乗物は素敵な乗物なわけです。

卒業コンサートのDVD発売されたら買おうかなぁ。


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ
スポンサーサイト



宇都宮レンタサイクルライドその2

宇都宮ライドその1

さてさてJIGGLEさんで遅い朝食兼早い昼食を摂ったさえとさん。

さーて、これからどこに行こうかなとスマホをポチポチしていると、そんなに遠くないところにこんなところを発見しました。

ジャパンカップの周回コース

よし、一流のレーサーがどんなところを走るのか試走してみよう!

ということで県道70号を更に西進。

程なくして、こんな看板を見つけました。

おぉ~!ジャパンカップだ~

するといきなり…

さ…坂…だと?
ま…まぁ、ジャパンカップのコースだし当然坂もあるよね。
うん、知ってたし。


空気がヒンヤリしてて普段海側や街中を走ってるおいらにはとても新鮮でした。


森林公園到着


スタート地点かな?


ということで1人ジャパンカップスタートですw



ゴール!

①釣り堀から②頂上まではいきなりつづら折りの登り坂になってました。
確か安田大サーカスの団長がブラウ・ブリッツェンの入団テストで登った坂でしたっけ。
(違ってたらすみません)
この区間には海外レースみたいに路面にチョークでいろいろ書いてあった跡が残っていて感動しました。




でもってヒルクライムでヒーヒー言った後はご褒美ダウンヒル

…と思いきや、落下物は多いわアスファルトに苔は生えてるわの凄いコンディションでした。
さすがにジャパンカップの時は整備するんだろうなぁ。

このダウンヒル中に③の標識があるのですが…
③番目の標識だから三(SAN)ってwww
ストレートですなw

実は1人ジャパンカップの途中でサイクリングターミナルに寄道して休憩してました。


めっさ景色が良かったです。




ここは宿泊施設もあるみたいですね。
ガチ勢はジャパンカップ周回コースでみっちり合宿。
家族連れはレンタサイクル借りてファミリーコースをサイクリングもできるしキャンプ場でBBQや釣りもできる施設があったりで小さいお子様から大きなお友達まで楽しめるようになっていました。
泊まりがけで来れたら最高ですね。

帰りがけの一枚

このように宇都宮近郊のいたるところにこういった道がありました。
自転車半島宣言してる横須賀市、三浦市、逗子市、葉山町、鎌倉市も見習って欲しいところであります。

あぁぁ~!それにしれもこのコース是非ともゼロ子さんで走りたかった!
今度輪行で来ようかな。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ

宇都宮レンタサイクルライド その1

はい、出張で宇都宮に来ています。
放浪おやぢのさえとさんでございます。

宇都宮といえば餃子!
宇都宮といえば自転車!

宇都宮ブリッツェンや那須ブラーゼンとか栃木県は地域密着型自転車ロードレースチームがある土地でもありますね。

そんなわけで自転車乗りの端くれとしては、とても魅力的な街だったりするわけです。

ということで宇都宮で土日休みが取れたのでレンタサイクルでポタって来ました。

まずは宮サイクルステーションで自転車を借ります。
19:00まで借りて1020円です。
ヘルメットも貸してくれます。

慣れない借物自転車に久々のフラットペダルで少し緊張しましたけど、すぐにその緊張も解けました。

日光の文字が見えてちょっと興奮しました。


作新学院!

作新学院といえば江川!怪物 江川!


はい、今回の目的地Cafe&Vegetable JIGGLEさん


レンタサイクルもやってるみたいですね。


宇都宮ブリッツェンのメインスポンサーであるメリダの旗も立ってます。


店内はオシャレな感じだけど居心地が良いです。







ソファー席からはサイクルスタンドが見えて安心

ホットドッグのセット(650円)を注文してみました。

ホントはブリッツェンバーガーが食べてみたかったのですが店内にフードメニューに書いてなかったのでホットドッグにしました。

ソーセージとパンの間にタマネギのみじん切りが敷きつめてありました。
これがマジうまかった!

まったく辛くなくてタマネギが甘いものだという事を思い出しました。
セットのコンソメスープにもタマネギとニンジンのみじん切りがたっぷり入っていて根野菜の美味しさを味わえます。

無農薬野菜をたっぷり補給して…さて、この後どうしよう?(゚∀゚)

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ

ロングライドで思った事

はい、明日から1週間くらい出張で宇都宮でございます。

今回は初めて200kmを走った感想等を述べたいと思います。

200kmといえばブルベの最短距離です。
ロングライドの定義は人それぞれですが、おいらとしてはブルベで認定される200kmからがロングライドと定義したいと思っています。

そういう意味では初の本格的なロングライドとなりました。

以前走った100kmとはまた違う感じ方があったので書き留めておきたいと思います。


まず、第一の感想が日本という国は豊かで安全な国である。ということを改めて実感したことです。

最近は物騒なニュースも多いですが、それでもまだ他国と比べると日本は安全な国です。

出張で中国に行った時に、まず街中にジュースの自動販売機がないのに不便を感じました。

現地の人に「ジュースの自動販売機はないの?」って聞いてみたところ「そんなのが街中にあったら誰かが持って行っちゃうでしょ」だそうです。^^;

殆どの道が舗装されている。コンビニもある。自動販売機もある。水道水が飲める。ホテルにはお湯が出るシャワーやお風呂がある。街中に伝染病を持った野犬もいない。

日本がいかに住みやすい国か改めて思い知りました。


第二の感想が現時点の体力の限界を知る事が出来た事。

よく自転車アニメやブログ等で「消化器系に異変を生じたら体力の限界」という記事を目にします。

おいらも自分の体調には注意していたのですが、実は復路の東京に入った辺りで胃に異変を感じていました。
普通に自転車を漕いでるだけなら、ちょっと胃の調子が悪いかな?くらいなのですが手で胃の辺りを触ると胃痛を感じる。
ケイデンスを上げると吐き気がする。
ヤバいと思ってケイデンスを下げて体力を温存する走りにすると吐き気が収まる。

そんなギリギリのところで体調と相談しながらペースを作っていました。
おそらくこの辺りがこの時のおいらの体力の限界だったのでしょう。

この走り方が功を奏したのか浅草でちゃんぽんが食べれるくらいに回復しました。

自分を管理する上でとても貴重な情報を得られました。


第三にの感想は意外にも自分にサバイバル適正があったという事。

以前、海外出張で貿易会社の人に「あなたならどこの国でも生きていけますよ」なんて冗談交じりに言われた事があるのですが、茨城で雷雨にあった時に自分でも驚くくらい冷静でいられて、その状況が楽しいとさえ思えた事が自分としてはそれなりの収穫でした。

仕事柄とても出張が多いのですが、そこで得たスキルの一つに「どこへ行っても楽しむ努力をする」というものがあります。
もしかしたら自然とそういう下地ができていたのかもしれませんね。

それに加えて日頃からブルベ民様や海外ライドしてる方々や日本一周してる方々の記事を見てイメージトレーニングができていたのかもしれません。
これらの方々の体験談や危機管理方法は本当に勉強になります。


とにかく自分が目指す自転車ライフにはまだまだ体力も脚力も足りない事がわかりました。

あぁ~時間がいくらあっても足りないですね。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ

初200kmオーバーライド(復路編)

神奈川→東京編
千葉→茨城編

さて、何とかギリギリ日没前に間に合いお義母様のお墓参りを済ませます。

周囲は真っ暗。
復路スタートなのですが、正直田舎の夜を舐めてました。^^;

ちょっと前に前照灯をCAT EYEのVOLT300に換装していてハイモードなんて使わないだろうと思っていたのですが、初めてハイモードのありがたさが身に染みました。
ハイモードの必要性を感じていい経験値になりましたがVOLT300のハイモードはフル充電で約3時間しかもたないので、ちょっと考えなければいけませんね。

そして、牛久浄苑を出て少ししたところで雨がパラつきはじめます。
だんだん雨足が強くなる気配。

そこでyahooの防災速報から警告が


次第に強くなる雨足。
ヤバい。
雨宿りだ!と思い始めた瞬間に運良くコンビニを発見。
間髪入れずファミマにピットイン。

雨雲レーダーを見た感じだと、しばらく待てば通り過ぎてくれる感じだったので補給しながら待つ事に。

画像だとわかりづらいですが、かなりの豪雨。
しかも雷の爆音付きです。

雨宿りさせてくれたファミリーマート阿見実穀店のメッシュ入った店員のおにーちゃん、こんな汗臭い中年おやぢを雨宿りさせてくれて本当にありがとうございます。

土砂降りを打ち付ける地面を眺めていると疲れで思考回路がおかしくなったのか。
見知らぬ土地で足止めをくらっていて途方に暮れているはずなのに気分は上々。
むしろこの状況が何だか楽しくなってきましたw

我ながらドMだなと思った瞬間でしたw
自転車乗りでドMの代名詞といえばクライマーの方々ですが、クライマーが肉体的ドMならばブルベ民やロングライド愛好家は精神的ドMなんだろうなと…また1歩入ってはいけない世界に足を踏み入れたような気がしましたw

とりあえずファミマの冷製パスタをほお張りながら1時間くらいファミマにいたでしょうか。
疲れてはいるけどまだ食欲はある。
という事はまだ走れるという事です。

さて、雨も小降りになってきました。
とりあえずまだ近くの駅から輪行も選択できる時間。

どうしようか悩んだのですが雨雲レーダーの情報では南下すれば雨雲から逃げられる配置。

ファミマの店員のおにーちゃんに道を確認して、いざ再発進。

ここでの失敗はレインコートを買わなかった事。
そんなに濡れる前に雨宿りできたのでレインコートは不要かな。と思ったのですが、泥の跳ね上げで尻がグッショリwww

雨が止んでも路面が濡れてるうちはレインコートを装備するべきでしたね。^^;

それでもR6を南下していくと徐々に路面コンディションも良くなってきています。

21:30 やっと千葉まで帰ってきました。


千葉に入ると国道沿いにお店も増えはじめます。
そこでホッとしたのか、急に身体に力が入らなくなりはじめペースがガクッと下がります。
サイコンは相変わらず沈黙を守ったままですが体感的なものでも速度が落ちてるのがハッキリわかるし、何より身体的苦痛の進行具合が加速してきているのがハッキリわかります。

ここで柏のファミマで大休憩を入れます。
最近のファミマは椅子とテーブルがあってしかもテーブルにコンセントまであるという、休憩には最適スポットになっていますね。

そうそう。
今回のライドで役に立ったのが600mℓくらいの保温タンブラーでした。
アイスコーヒーが大好きなおいらはコンビニの店頭で買えるアイスコーヒーを氷ごとタンブラーに移し替えてボトルケージに挿してるのですが、これがまた、結構暑い日に結構長い時間放置しても氷が溶けないくらいの保温性があって、某クマさんマークの保冷ボトルより比べ物にならないくらいの保冷効果があります。

ただフタがあるので走行中は飲めませんが、信号待ちで冷たいのを一口飲むだけでも生き返ります。

さて、柏のファミマで充電がてら大休憩を取り体力の限界が近そうな体調を気にしつつ、それでもなんとか騙しだまし東京へ戻ってきます。
すると、葛飾あたりで何か塩っ気のあるものが食べたくなってきました。

うーん、スポドリも飲んでるし塩タブもかじってるけど発汗によるミネラルの放出は想像以上だったのでしょうか。

確かに自分史上最大規模の汗臭さ。
雨で輪行が頭をよぎった時に輪行を選択しなかった理由の一つがこの汗臭さでした。

うーん、お味噌汁とかラーメンとか食べたいなぁ。
でも、かなりの汗臭いから混んでるお店だと悪いなぁ。

そんな事を考えながら走っていると、たまたま深夜営業で入店客が少ない長◯チャ◯ポンを発見。
しかし、さすがに食欲も若干落ち気味になってきていたので普通サイズではなくミドルサイズをオーダー。
いつもなら大盛りに餃子セットとかなんだけど、明らかに食欲が落ちてきていました。
浅草の長◯チャ◯ポンの店員さん、深夜に汗臭いオヤヂが襲来してしかも長々居座ってごめんなさい。
でも、おかげで回復できました。美味しかったです。

「入店客が少ない」と書いた手前マイナスイメージになるかと思い一応店名を伏字にしましたが、最初普通に長◯チ◯ンポンって書いていました。
悪意は全くありませんw

さて、品川辺りまで来るとかなり疲労の色が濃くなってきていました。

椅子に座って休憩がしたくて深夜の蒲田の公園でガッシャンガッシャンとひたすら缶を潰し続ける路上生活な方の隣のベンチで足を投げ出して休憩したのもいい思い出ですw

満身創痍の状態で神奈川に入ったのはAM3:00を過ぎていました。


この頃になるとさすがに眠気も来ていたので、コンビニでメガシャキのガムを購入。

鶴見に入りもうすぐR16ってところで、また雨に降られます。
仕方なく鶴見線の国道駅で雨宿り。

この時は雨足が強くなったり弱くなったりを繰り返して、新子安駅前でまた雨足が強くなって雨宿りしたりと、中々距離が稼げない状態が続きました。

磯子の公園で再度休憩。
近所の奥様と思われる方々が公園を掃除してくれています。
そんなクソ朝っぱらにベンチでグッタリしてるおいらは完全に不審者な勢いです。

そんなこんなでしばらくすると天気も安定しつつ屏風浦辺りで始発電車が走り始めている事に気がつきます。

それでもヒーコラ言いながら何とか横須賀へ到着。

R16から逸れておいらが住む町に行くには小高い山を越えなければならないのですが、さすがに一気にその山を越える気力もなく。
登りの手前のコンビニで一休みしてたら、知らんおばさんに「どこから来たの?」とか「お水持ってる?買ってあげようか?」とか話しかけられました。
座って休んでたおいらの姿はよっぽど酷い有様だったのでしょうwww

それでも、普通の人の倍近くの時間をかけて無事に自宅に到着。

つ…つかれたぁぁぁ~~

序盤に違和感を感じた右膝も復路の東京辺りでだいぶ痛みを増しましたが、その後に座り休憩を多く取ったのと消炎スプレーを頻繁に噴いたおかげか、とりあえず今は違和感は拭えないものの70kmくらいのライドまでなら支障ないくらいの状態で抑える事ができています。

今回の初200kmオーバーライド、相変わらずスピードは鈍亀でしたが忍耐力は少しだけみなさんに近づけたような気がしました。


全国の初心者だけど自転車で遠くに行ってみたいと考えてるみなさん……。

おいらはたかだか200kmを無謀にも夜通し走り続けましたが、途中でビジネスホテルやネカフェで泊まるのも輪行するのもアリだと思います。
経済力もまたチカラ也…であり、たいむいずまねーだとも思います。
注意力や正しい判断力で得られる安全もあればお金で買える安全もあります。

しかしブルベ民が死にそうな思いをして走行中に「もう二度とこんな辛い思いはしたくない!」って思いながら走り続けて尻の皮が剥けて、やっと帰って来て自宅で休みながら「次はどこに行こうか」って考えてしまう。そんな気持ちが少しだけわかりましたw

↓ヘタレおっさんにしては頑張ったな!って思ってもらえたらポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ

初200kmオーバーライド(千葉→茨城編)

神奈川→東京編

さて、信号の多い横浜東京エリアをちんたら走ってたツケが回ってきて時間が無くなってまいりました。

その上サイコンがヘソ曲げてしまい自分が何km/hで走ってるのかわからない状態。

とにかく一生懸命走るしかない!

ひたすらR6を走り続けるさえとさん。

お!利根川だ!

と、いうことは…

茨城県突入!


この頃になると「土浦まで◯◯km」という標識が出てきました。

しかし、相変わらずサイコンが息をふきかえしません。

次の「土浦まで◯◯km」の標識を見て、あれ?結構走ったのにさっきの標識から2kmしか進んでないのか…と若干心が折れそうになりながらも、何とか日没までに目的地にたどり着く為に懸命にペダルを漕ぎます。

そしてヘトヘトになりながらやっと牛久市に到着

「水と緑のまち」と書いてある通り牛久沼が有名です。
牛久沼はうな丼発祥の地だそうで生息数が激減したと書いてありますがウナギが美味しいみたいですね。
今度ゆっくり来た時には是非とも食べてみたいものです。

そして、さえとさん。
牛久市に入ってから此の期に及んで道に迷います。
あぁ、時間がないのに…

それでも、何とかギリギリセーフで牛久大仏に間に合いました!

この時、既に時刻は18:30。


さて、そもそもなぜ遥々牛久大仏まで来たかと言いますと、実は牛久大仏がある牛久浄苑にお義母様のお墓があり、やはり時期的にお墓参りをする為でした。

生前のお義母様は寂しがり屋だけど意地っ張りなところがあり「わざわざこんな遠くまで来ることないのに」って言う姿が目に浮かびます。

そしたら、おいらはこう答えるのです。

何をおっしゃいますお義母様。
こんなの全然たいした事ではありません。
なんてったってチャリで来れるくらいの距離ですから!



初200kmオーバーライド(復路編)に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ

初200kmオーバーライド(神奈川→東京編)

はい、お盆です。
何とか仕事もお盆連休を死守しまして、久しぶりのまとまった休みです。

これはもう今しかない!ということで前から計画していた事を実行に移す事にしました。

ルートラボ上では片道128km。
Google調べで最短片道115km

いずれにせよ200kmオーバーになります。

目指すは茨城県の牛久大仏

結果から申し上げますと、かなり無謀なライドでした。

まずはR16からR15に入りスカイツリーを横目に見ながらR6を北上するルートです。

画像の標識にはR1が載ってますが、ここはR15の子安、鶴見方面へ。


いつも東京方面はR1を使用していたのですが、この日はちょっといつもと違う道で冒険。

そういえば国道1号線の呼称はコクチイ派のイチコク派に2分されますが、おいらはイチコク派です。

さて、R15鶴見付近で早くも右膝に多少の違和感。
通りがけのドラッグストアで消炎スプレーを購入。

初の200kmオーバーということもあり、時間を気にせず省エネ走法で膝に負担をかけないように足首でペダルを回す感じで漕ぎ進みます。

多摩川!


六郷橋から東京入りするのは初めてかもしれません。


そして品川から銀座大通りを通り日本橋へ。
サイクルジャージにロードバイクで銀座の大通りを走るのはちょっと浮いてたかなぁ。
オサレなリア充民がTVのインタビューとか受けててザ・東京な感じでした。

はい、東京-大阪 東海道キャノンボールなどでお馴染みR1の起点 日本橋です。


いつか実力がついてきたら名古屋くらいまで行ってみたいものです。


隅田川を渡ると

金のう◯こでお馴染み浅草です。

スカイツリーが見えました。
ライド的にはありがたい陽気ですが、ちょっと曇ってて残念。


そしてR6に入ります。


そして、新四ツ木橋で荒川を渡り葛飾区に入った辺りで既に14:00を過ぎてる事に気がつきます。

しまった。
東京抜けるのに時間がかかりすぎた。
通常ブルベの200kmの制限時間は13時間半です。
ということは休憩入れたとして100kmが6時間半くらいなのかな?
それが、おいらはまだ60~70kmしか走ってない事になります。
信号の多さを考慮してなかったのと、省エネを、気にしてストップ&ゴーの漕ぎ出しのトルクを時間と引き換えにしたのが失敗でした。

まずい、日没までに目的地に着くのがあやしくなってきた。

そこでスピードを上げるのですが、そこでアクシデント。

サイコンさんのご機嫌がまた悪くなります。
走行距離は仕方ないとしてもスピードが把握できないのは痛いなぁ。

そんなこんなで自分が何km/hで走ってるのかわからないけど、とにかく急ぎます。

神奈川→東京と来て千葉県に突入しました!


後編に続く!
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ

湘南sunset ride (画像多め)

あづい!ヽ(`Д´)ノ
みなさん、お盆はいかがおすごしでしょうか。
おいらは暑さでヘタレております。
はい。ヘタレパパことさえとでございます。

暑い!でも自転車に乗りたい!でも暑い!
う~ん、どうしたもんか。
そうだ!日が落ちてから走ればいいじゃない!
(早起きという選択肢はない)

ということで、海岸線をブラっとしてきました。

佐島です。


のんびり佐島。雰囲気が最高です。


海が光って綺麗でした。


森戸周りで渚橋から逗子海岸へ


構図や撮り方は完全に素人ですが、本当雰囲気はいいです。でも車は多め。


海の家は夜モードになっていきます。


江ノ島が見えた!うっすら富士山さんも見えます。


江ノ島大橋から見える富士山さん。


江ノ島の公園はぬこ達の集会所でした。


帰り道。
暗くなった渋滞の海岸線を走るおいらの前に1人のロード乗りが姿を現しました。
サイクルジャージにバックパック。
見た感じ若そうなお兄ちゃん。

このお兄ちゃん。
おいらが後ろにいる事がわかると、見ず知らずのおいらの為にハンドサインを出し続けてくれました。

ナイトライドで渋滞。通常よりも危険が増す状態。そこでそのお兄ちゃんは「速度を下げます」や「停止します」のサインを出し続けてくれました。

実に素晴らしい。
バックパックでよく見えなかったけど、背中からチラッと見えた文字は神奈川工科大学だったかな。

関係者の人、もしこのブログを見てたら部員を褒めてあげてください。
自転車乗りとして素晴らしいスピリットでした。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリストランキングへ
プロフィール

saeton

Author:saeton
Twitterは@saeto_tcr0
インスタはsaeto7
愛車はGIANTのTCR0
39歳妻子持ち(娘は11歳)にして月々のお小遣い0円!
そんな中、仕事の出張日当をコツコツ貯めてお金がかかると言われるロードバイクに手を出し始めた無謀な工業系男子。
貧乏ながらも運動不足やメタボと戦いながら自転車を楽しんでいきたい年頃。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ